『2020年アナウンサー職就活事情』座談会(1)
[2020.09.28]
9月某日、大学4年生3名と、これからアナウンサー職を目指す大学2年生メンバーで
今年の就活事情を座談会形式でヒアリングしました。

左より、打矢萌絵、戸梶潤子(大学2年)、佐々木愛、佐々木夢夏

Q:「4年生の方々は就活、お疲れさまでした。今年のコロナという特殊な年でしたが、就活はいかがでしょたでしょうか」
A:「やって難しいと実感しました。スタートが遅かったのでやっていくうちに詰めていったので早く準備しておけばよかったです。」
A:「インターンに乗り切れなかった中でのコロナも重なり、自由に動けず悶々としていたが、自分なりに動いた就活だったですね」
A:「キー局のインターンが終わったところからアナウンスのスクールに通ったりしたので、なにもわからない状況のスタートでした。」

Q:「実際のES(エントリーシート)ってどんな感じでしたか」
A:「文章も大事ですが、1番写真が大事なのでいろんな表情の写真を用意しておくといいです。あとキャラクターを書いて特徴を持たせましたね」
A:「色鉛筆をたくさん使ってましたね」


皆さんのESを見せてもらいました。

Q:「ESの写真はどういったのがいいですか??」
A:「とにかくESの写真は大切だよね。特に自然な形での真剣な自分を友人に撮影してもらった写真を活用しましたね」
A:「自撮り写真はないですね。カメラ目線じゃなくて何かしている躍動感のある写真が良いとおもいます」「撮影スタジオでのカメラマンの宣材や、知り合いの一眼カメラの撮影するカメラマンの方のスナップより。友人に撮影してもらった写真が役に立った思います」
A:「私は旅が趣味だったので、旅行先での写真を撮ったものを使いましたが、集合スナップでなくて一人の写真をもっと多くとっておけばよかったとは思いましたね」「インドに一人旅で、財布を無くしてしまい、お金をカンパしてもらうのに、人前で大道芸人風に踊りを披露したりもしたのは、うけた話になります」

Q:「審査で動画提出があったと思いますが気をつけたことはありますか?」
A:「審査としては話し方を見てないと聞いたので雰囲気を見てると思います。私は屋外で撮りました。綺麗に話すことより、私は振り切った方でキャラ立ちを意識しました」
A:「9割を話して、最後に特技を組み込みました」
A:「気軽に話すようにしてみたり、スケッチブックを使ったり、急にアップにしたり色々工夫しましたね」


Q:「個性が大事と聞くのですがどういったことをアピールしていましたか?」
A:「好奇心旺盛とかはたくさんいるからエピソードを重要視していましたので、ESと面接でも言うことを分けていました」
A:「毎週、習い事のために東京から夜行バスで地元に戻ってたから、フットワークの軽さや体力をアピールしたね」「バイトも巫女さんをやっていて趣味も神社巡りにしてたからそういったことを繋げてお話ししたりしていたよ」
A:「自分では普通のことだと思っても、周りから見たらそうじゃない時もあるし、好きなことを突き詰めてみたらいいと思うね」
「インドに一人旅で、財布を無くしてしまい、お金をカンパしてもらうのに、人前で大道芸人風に踊りを披露したりもしたのは、うけた話になります」

Q:「マスコミ求人情報を得るのに役立ったサイトとかはありますか」
A:「アナなるドットコムは見てたよね」
一同:「見てたね」
A:「私は“わっちさんのメルマガ”は登録してました。毎週火曜日発行なので、毎週、参考にしてましたね」


Q:「就活を通して成長したことはありますか?」
A:「心がすごく強くなりました。全力でやったので、自信が付きましたね」
A:「アナウンサーの試験を受けている人は一般企業受けている人より表現の仕方が上手になると思います。自分の見せ方をこんなに研究するようなことはなかなかない。アナウンサーの試験じゃなくても通用できることが多いと思いました」

Q:「就職や今後の目標はどうしていますか?」
A:「仕事は、“喋り”という分野で何かしら携わりたいです。気象予報士など資格を取って、テレビで伝えることもできるので、最終的にテレビに携われたらいいと思っています」
A:「アナウンサーという目標はあるんですが、エンターテインメントに興味があるので、そちらの方面にも目を向けています。改めて自分にできることを模索しています」
A: 「私は地元で喋る仕事をしたいという思いからアナウンサーを目指したので、今内定をもらっている局で力をつけて、将来は地元でお話できたらいいなと思っています」

★話題にあがった参考サイト★
アナなるドットコム:https://ananaru.com/
わっちさんのメルマガ:https://twitter.com/massmerumaga

【感想】

コロナ禍の中就職活動の形が変わっているうえで、四年生のお話を聞くことができて、来年に向けてとても参考になりました。今回の座談会では写真がキーワードになったと思います。写真についての大切さをとても感じたので、用意しておこうと思います。
そして、4年生方はエピソードがしっかり出来上がっていて私もブラッシュアップして就活に向けて、仕上げていこうと思いました。(戸梶潤子)


#ワークショップ
#打矢萌絵 #佐々木愛 #佐々木夢夏 #戸梶潤子


PAGE TOP