『VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2019』セレモニーリポート【協力:TOKYO FRONT LINE】
[2019.09.29]
2019年9月14日(土)、ファッション誌『VOGUE』の⽇本版『VOGUE JAPAN』は、グローバルなファッション・イベント「VOGUE FASHIONʼS NIGHT OUT 2019(以下FNO)」を表参道ヒルズ本館B3Fスペース オーをメイン会場に、表参道・青山・原宿エリアを中心とした、約600の参加店舗で様々な店内イベントやパーティーが開催。


表参道ヒルズ本館の吹抜け⼤階段にて開催された「第11回FNOセレモニー」にSckettoより3名が取材に参加

【掲載記事】
https://tokyofrontline.com/archives/79324

セレモニー参加後には、会場ブースや店舗で行われたイベントにも参加。


写真 右~ 須藤有紀、渡邊慈子、佐々木愛


【感想】

写真:VOGUE JAPANアーカイブ展

実際の現場を体で感じ、マスコミ業界への想いがさらに強まりました。ワクワクがとまらない1日でした!
6階まで観客がいっぱいの中、最前列で参加できるのはメディアの仕事の醍醐味の1つだと思いました。視聴者の代表として、また視聴者に届けるために、その現場の中で1番多くの物事を吸収し現場の魅力を発信していく必要があると学びました。
豪華ゲスト陣の方々を間近で見て、溢れるほどの輝くオーラに魅了されました。人を惹きつける才能や努力が伝わってきました。
また、イベントはsustainabilityがサブテーマとなっており、後援に環境省があったりと、ファッションを超えて世界規模の大きな意義深い目的のあるイベントであると感じました。本イベントは、ファッションを通して人々がSDGsについても考え、より良い社会をめざすきっかけの1つになると思います。このような素晴らしいイベントの取材に参加することができ、とても光栄に思います。
これからも様々な現場の取材によって、多くのことを経験し、現場の魅力を最大限に引き出し伝えることのできるスペシャリストを目指したいです。(渡邊慈子)


写真:BMW新型モデル展示@表参道ヒルズエントランス

今回初めてFNOに行かせて頂きました。いつもの表参道の雰囲気とは少し違い、人の多さとキラキラした雰囲気に田舎出身の私は終始圧倒されていました!(笑)
オープニングセレモニーでは冨永愛さんや森星さん、福士リナさんなど沢山の有名な方を間近で見ることのできる喜びや、記者としての初めての仕事へのワクワクで終始楽しい時間を過ごさせて頂きました。
セレモニー後は、色々なブースやお店を回らさせて頂き、テーマであるfashion&sustainabilityを感じながらFNOを楽しむことが出来ました。(佐々木愛)


写真:ランバン130周年期間限定ポップアップストア前

初めて取材陣としてテレビ局、雑誌編集者などのマスコミ関係者の方と同じ場所でお仕事をしました。去年はステージを上から眺めるお客さんの1人としてイベントが始まるのをワクワクと楽しみにしていました。しかしながら今年はステージ前でスチール撮影の場所取りが行われるなどずっとピリピリした緊張感があり、すっと背すじが伸びました。
イベントが始まると冨永愛さんをはじめとするモデルさん、SEKAI NO OWARIのライブを間近で見ることができました。このようなイベントは出演者とマスコミだけでは成り立たずお客さんの歓声があってこそだなと感じました。表参道ヒルズが一体となった素晴らしい時間を大勢の方と共に過ごすことができました。
オープニングセレモニー後にはメンバーで各ショップに行きました。ブランドそれぞれお客さんを温かくお出迎えしてくれて普段敷居が高く入りにくいお店にもお邪魔することができました。
この日は表参道・青山・原宿の街中がキラキラと輝き、お洒落な人々で賑わう夜でした。来年も絶対に行きたいです!今回の取材経験を活かして今後もあえて緊張する場やいつもと違う場に身を置くことで自身を成長させたいと思いました。(須藤有紀)

協力:TOKYO FRONT LINE:https://tokyofrontline.com/
音楽やファッションに興味を持つ人々が集まる、「ファッション+パーティー+カルチャー」に特化した情報を取り扱うウェブメディア。

#レポート #FNO #ファッション #雑誌 #TOKYO FRONT LINE

#渡邊慈子 #佐々木愛 #須藤有紀 


PAGE TOP